クレジットカード、キャッシング、多重債務など借金返済の悩みは人には相談しづらいものです。 これを法律的に解決するには任意整理・特定調停・民事再生・自己破産という債務整理の仕方もありますが、中でも自己破産が最もドラスティックな解決策となります。 本サイトではこの自己破産制度を取り上げ、各種制限などのデメリット、手続きの仕方・方法・流れなど多面的な側面から実用的に解説します。

現在位置:サイト内トップページ

サイトのご案内

借金問題は法的に解決できる! 1人で悩まないで誰かに相談を…

多額の借金の返済を抱え、誰にも相談できず、お悩みでありませんか。

昔の日本(明治とか江戸時代)では借金を返せないということは即その人とその家族の一生(あるいは生命)をも左右していました。

もちろん、現在でも借金苦から自殺する人が後を絶ちません。

しかし、現代では借金問題を解決するための法的な手段(これを債務整理といいます)がいくつも用意されています。

1人で悩むのはやめて法の扉を開き現実的な解決策を探ってみませんか。

このサイトでは法的解決策(自己破産)を易しくかつ実戦的現実的に解説しています。

当サイトが貴方の相談役としてお役に立てれば幸いの限りです。

 

自己破産は再チャレンジの機会を与えてくれる制度

債務整理の中でも掟破りの手段が自己破産制度です。

なにしろ借金を返さなくてもよいという制度ですから。

※破産の申立てをして免責決定を得ることが必要です。

今までの人生をリセットし、再チャレンジの機会を与えてくれるのがこの自己破産制度です(破産法では破産制度の目的について「債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする」としています)。

つまり、人生のリセットボタンを押すことを可能してくれる制度です。

日本では自己破産というと何か恥ずべきこととする文化がありますが、アメリカではそういう風潮はないと言われ(経済という一種のゲームの中で法的にきちんと認められた敗者復活のためのルールに則っているだけのことだからという合理的考えからなのでしょうか)、破産は「フレッシュスタート」(新しい出発)とも呼ばれています。

 

自己破産の手続きはお役所の手続きに似ている

このように自己破産はいわば最後の切り札ですが、決して恐いものではありません

確かに破産手続きは裁判所が行いますが、裁判所がとりおこなうといっても通常の訴訟のように原告(債権者)と被告(自分)とが戦うわけではありません

 

言ってみれば自己破産の手続きは本来裁判所が行う手続きというよりは、限りなく行政機関(お役所)に対して行う申請申告行為に似ていると思います。

ですから、ポイントは必要な書類をきちんと準備できるかどうかということに尽き、自分で手続きすることも十分に可能です。

申立人の90%以上が免責されていると言われ、必要な書類をきちんと作成・準備し、提出期間内に提出すればまず問題なく免責されるはずです。

 

自己破産の申立てに必要な書類一式(様式と添付書類一覧)は裁判所にあります。

何でもない行為なのですが、裁判所に書類を取りに行くこと自体勇気のいる行為かもしれません。

しかし、繰り返しますが、裁判所は決して恐いところではありません(お役所に行くことと同じことです)。

自己破産の第一歩はこの必要書類を裁判所に取りに行くことから始まります。

 

自己破産したことによる制約・デメリットは

もちろん、いざ自分が自己破産をしようとした場合にネックになるのは何となく恐いということだけではありません。

今持っている住宅はどうなるのか、仕事は辞めないといけなくなるのか、様々な疑問点や不安要因があるかと思います。

しかし、不安な要因があるのなら、それを一つずつ明らかにしていけばいいだけのことです。

当サイトでもそうした疑問を明らかにしています。

こうして一つ一つ疑問点・不安点を解消した上で自己破産のメリット・自己破産のデメリットを天秤にかけ、自己破産するのか、あるいは他の債務整理の手段を採用するのかを冷静に判断しましょう。


本サイトのコンテンツのサマリー

本サイトのすべてのコンテンツについては サイトマップ をご参照ください。

自己破産の条件(自己破産ができる人)[1]
1. 自己破産ができるための2つの条件(どんな人が自己破産できるのか)

自己破産のメリットとデメリット[2]
1. 自己破産のメリット 2. 自己破産のデメリットは

自己破産にかかる費用[1]
1. 自己破産にかかる費用は

自己破産の方法・仕方・手続き・手順[5]
1. 自己破産手続きの流れの概要 2. 自己破産の申立てに必要な書類
3. 必要書類の裁判所への提出(自己破産の申立て) 4. 第1回目の出頭―破産審尋
5. 第2回目の出頭―免責審尋

自己破産をしても免れることができない債務[1]
1. 免責されない債務(免責の対象とはならないもの)

自己破産と任意整理・特定調停・民事再生との比較[5]
1. 本当に自己破産でいいの?―任意整理・特定調停・民事再生の全体像・概要・特色・特徴 2. 民事再生―民事再生とは
3. 民事再生―中小企業の経営再建型の民事再生とは 4. 民事再生―中小企業の経営再建型の民事再生の方法・仕方・手続き・手順
5. 民事再生―個人再生(個人版民事再生)とは